BLOG

ストレングス・ラボ コラボブログ 「プロジェクトの火消し」


記事作成者:木村和宏

こんにちは、ストレングスコーチの木村和宏です。

ITシステム構築のプロジェクトマネージャ(以下PM)をしていた時のことをお話しします。

いくつか印象に残っているプロジェクトはありますが、人間しんどい経験の方が強烈に記憶に残るのでしょうか、しんどかったプロジェクトの方が記憶に残っています。

ほとんどは、プロジェクト発足時からPMを務めていたのですが、中には、炎上したプロジェクトの「火消し」に入ることもありました。やはり、燃えているプロジェクトのPMを引き継ぐのはキツいものです。

実は、私、昔から問題解決、マイナスをゼロにすることにエネルギーを感じることがあまりないのです。因みに、「回復志向」は28位です。

例えば、麻雀を例にあげると(麻雀のルールをご存知ない方にはゴメンナサイ)、満貫とかの高い点数の手を振り込んでしまい、自分の点棒が大きく原点を割ってしまった場合には、一気に気持ちがヘコたれ、頑張って回復しよういう気に自分を鼓舞するのに相当の努力を要します。むしろ「ポジティブ」の資質が作用して、何となるだろう、と何となくそのままゲームを続け、結果的には何とかならず、そのゲームはマイナスで終わってしまうことが殆どです。

そんな私が、「火消し」PMの時にどのようにしてスイッチを入れていたか、お話ししたいと思います。

まずは、火消しPMを引き受ける時。

大抵は、上司から呼ばれ、「××プロジェクトを助けてくれ。まずはPM交代が必要で、ここは木村さんしかいない」と言われます。「自我」が刺激され、これだけでも気分は悪くないのですが、この後のしんどさを考えると、もう少し言葉が欲しい。そこで、「分析思考」×「原点思考」×「自我」。

自分:「どうして、自分しかいないと思うのですか?」
上司:「これまでのPM手法を見ていて、さすがと思った。」
自分:「どんなところが?」
上司:「〇〇とか△△とか。」

そこまで言われたら、頑張って引き受けるしかないか、と思っちゃいます。

あるプロジェクトでは、その後、大ボスの役員から「引き受けてくれてありがとう。すべての責任は自分にある。何か困ったことがあったら、何でも言ってほしい。いつもあなたを支えている。」なんてメールを受け取って、「自我」×「責任感」×「達成欲」に火がついて、いざ、修羅場へ、となりました。

一旦、引き受けてしまうと、「責任感」×「達成欲」で最後までやり切るのですが、あるプロジェクトが終わって1年くらい経った後、そのプロジェクトでサブPMとして支えてくれたメンバーと飲みに行った時に、こんなことを言われました。

「夜中の1時頃、帰ろうと思って、様子を見に来たら、木村さんが残っていて、“〇〇さん、今、手が空いている?”と聞かれて、“はい”と答えるしかなく、“じゃ、これ手伝って“と言われて流石にびっくりした。」

平常の感覚だったら、まずその時間に、そんなことは言わないでしょうが、何しろ、「責任感」×「達成欲」のスロットル全開中。自然に出ちゃった言葉でした。

ただ、この強烈な「責任感」×「達成欲」をコントロールするために、火消しPMを引き受ける前に必ず行うことが1つあります。

それは、ボスに、「自分が火消しに入ると、お金をかけますよ」と言っておくこと。

ここが重要なポイントで、決められた予算内で事態を収束させます、なんてことをコミットしてしまったら、その約束を守るために、貧弱な武器のなかで、「責任感」×「達成欲」で戦い、ただ勝算もなくガムシャラに頑張るだけで、自分を追い込んでしまうのは明らかです。

実際は、自分が使いたいだけ使えるというわけではないのですが、「お金がかかるよ」ということを宣言しておくことが自分にとって重要なのでした。

でも、何と言っても、「火消し」の必要がないのが一番ですね(笑)。