BLOG

ストレングス・ラボ コラボブログ「ある月末の風景」

記事作成者:熊崎淳

こんにちは。ストレングスコーチの熊崎です。
今日は、私の職場の出来事から資質のぶつかり合いを表現します。

—————————————————–

先月、私は早々に売り上げ目標を達成していた。そのため月末にもかかわらず、のんびりと構えて仕事をしていた。

一件、必ず契約ができる案件を月末に残していた。1つだけ詰めなければいけない条件があったが、その条件は絶対にクリアできるものだった。黙っていても必ず取れる契約。頑張ってその月の売り上げにするか、何もしないで翌月の売り上げにするかの違いしかなかった。

しかしそうもいかない人がいた。私の職場のパートナーだ。彼にとってはこの契約が重要だったらしく、月末最終日に私に声をかけてきた。

「あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です」

そんなことはわかっている。でも何もしなくても契約は取れるのである。今月契約を取るかどうかは私の気分次第だ。

「まぁそうだよね。まぁ頑張ってみるわ」
本当は頑張らなくても電話1本で取れる契約。

やる気があったとしてもやる気があるように見えないのが僕の特徴だ。ちなみに言うと、この時は本当にやる気がなかった。

常に物事を客観的に眺めてしまう。内省(1番)が始まっている。自分でも嫌になるくらい。
自分の事でも他人事のようになってしまう。今の状況を一歩ひいて見てしまう。
そして、私が私に声をかける

「でも、そんなにやりたくないんだよな~」
「なぜ、みんなそんなに契約を取りたいのかな」
「月末に売り上げをあげる意味ってなんなんだろう」
「そもそも・・・」

とか、思考は深まっていく一方だ。

はたから見たらフリーズしている僕をみて、彼が僕を現実に引き戻す。

「あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!」

さっきと言っている事は全く一緒だ。!マークが追加されただけだ。

「うん、わかったよ」と端的に回答する。

「なんか、こいつ必死だな。でも、さっきと言っていることひとつも変わってないな。」と私が私に声をかける。私はその言葉に同意する。とはいえ、彼らしさが出ているななんて思う。

やっぱりフリーズしている私を見て、彼はダメ押しをするように言う。

「あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!なんちゃらかんちゃらですが、あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!!」
「あーだこーだでなんちゃらかんちゃらですが、あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!!!」

話の途中から、ちょっと面白くなってきた。
同じこと言うの3回目。しかも、その同じことを3回も重ねてきた。
「話しなげーし、内容変わってねーし、でも圧力強くなってるし、よっぽど俺の反応が悪いだろうな~」と
やっぱり、心の中で私は対話をしている。

とはいえ、フリーズし続けると、4回目の同じことを聞くことになりかねないので、

「わかったよ、電話してみるよ」と伝える。

彼は目的を達したと思ったのか、これ以上は言っても無駄だと思ったのか、
微妙な顔つきで自席へと戻っていった。

すぐに私は顧客に電話をし、あっという間に契約を頂戴した。
結局は彼の想いの通りに行動したのである。

彼はコミュニケーションという影響力の資質を駆使して、私に言葉で影響を与えた。
彼のコミュニケーション(5番)に私の内省(1番)が屈した瞬間である。