BLOG

他者との対話 パートナーシップ、家族、職場の一覧

記事作成者:熊崎淳

こんにちは。ストレングスコーチの熊崎です。
今日も、私の職場の出来事から資質の現れ方を表現します。

—————————————————–

ある日、後輩1号が私に声をかけた。

「この提案どう思いますか?」

私はささっと提案書を読む。

「Aだったらこうなるよね。Bだったらあーなるよね。でも、Cの可能性もあるよね。どれが1番いいの?」

「狙いはBですね。そうか!でもBを狙うと、この条件をもっと整理しておかなきゃいけないですね。あとDの可能性も考えておかなきゃですね。考えまとまってよかったですー」

そうそう、話が非常に早い。おそらくこの案件は決まる。

後日、別の後輩2号が相談に来る。

契約を結ぶにあたって「お客さんが価格がネックだと言っています!競合他社の提案は価格には懸念がないみたいです!!。なので、価格を少しでも安くできるように対応中です!!!」。
世の中は気合とガッツでできていると思っているかのような「!」な考え方。

「少しでも値引きしたら契約取れるの?」

「わかりません…」。予想通りの回答がくる。正直でよろしい。

そして、言われた人がみんな下を向いてしまう魔法言葉をかける。

「それ、なんか意味あんの?」

うちの会社は営業会社だ。契約をとるために営業活動をしている。が、そうじゃない奴もいる。いつの間にかゴールは受注ではなくなっている。最悪、行き止まりに向かって行く人もいる。

どうやったら契約をいただけるかではなく、目の前の出来事に対処することが重要になっている。
昔からこの差は何だろうと思っていた。

なぜわざわざ、勝てない土俵で戦おうとするのか?
どんなに頑張ったって、価格が全てという顧客には高いものは売れない。自社のサービスを多少値引きしても仕方がないのだ。

・価格を下げるよりも、顧客がニーズが何なのか考え直す提案を練り直してもいい
・相手の担当者がわからず屋で話が通じないならもっと偉い人に提案すればいい

色んなことを想定して、その想定通りにものが進んだら何が起こるか予測して、思い通りの未来ではなかったらまた最初から別の想定をしなおす。そう、シミュレートするだけなんだ。

人間の頭の中には脳がある。この世の何よりも優秀なCPU。
電気信号が素子に入って行ったら、半導体素子の素材特性と2進法で決められた法則にしたっがて何かしらの電気信号を出力するように、
法則に基づいて、未来の可能性を予想するだけでいいのだ。
電気ごときができることを人間ができないわけがない。

と言いつつ、このシミュレートというものはすごく難しいらしい。

「戦略性」
とても響きが良い言葉。それはそれは美しい言葉。

でも、そんな戦略性(5番)を持つ私の口癖は

「ちょっと考えればわかんだろーが!!」 美しさの対極。

後輩1号は戦略性(3番)
後輩2号はポジティブ(1番)

ただ、私の戦略性は非常に残念な思いをしているだろう。
なぜなら、色んな予測を立てることができて、おおむねその通りに未来はやってくるのだが、結局何も行動を起こさないことが多いのだ。

このままいったら、物事がうまくいかないだろう。こうやれば上手くいく方へもっていけると思う。ということがわかっていても、「面倒くさい」という理由で手をつけずに、上手くいかなかったときのお詫びと言い訳の仕方をシミュレートし始める。

ちなみに、後輩1号は失注した。。。
まさかの「前日に飲みすぎて酒臭かった」という理由で。

そして、後輩2号は受注した。
やっぱりまさかの「競合他社の提案した価格が間違っていた」という理由で。

やっぱり未来は無限の可能性に満ちている。

とはいえ、私は読みを外さない。
そして今日もせっせとお詫びの電話をする。

記事作成者:熊崎淳

こんにちは。ストレングスコーチの熊崎です。
今日は、私の職場の出来事から資質のぶつかり合いを表現します。

—————————————————–

先月、私は早々に売り上げ目標を達成していた。そのため月末にもかかわらず、のんびりと構えて仕事をしていた。

一件、必ず契約ができる案件を月末に残していた。1つだけ詰めなければいけない条件があったが、その条件は絶対にクリアできるものだった。黙っていても必ず取れる契約。頑張ってその月の売り上げにするか、何もしないで翌月の売り上げにするかの違いしかなかった。

しかしそうもいかない人がいた。私の職場のパートナーだ。彼にとってはこの契約が重要だったらしく、月末最終日に私に声をかけてきた。

「あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です」

そんなことはわかっている。でも何もしなくても契約は取れるのである。今月契約を取るかどうかは私の気分次第だ。

「まぁそうだよね。まぁ頑張ってみるわ」
本当は頑張らなくても電話1本で取れる契約。

やる気があったとしてもやる気があるように見えないのが僕の特徴だ。ちなみに言うと、この時は本当にやる気がなかった。

常に物事を客観的に眺めてしまう。内省(1番)が始まっている。自分でも嫌になるくらい。
自分の事でも他人事のようになってしまう。今の状況を一歩ひいて見てしまう。
そして、私が私に声をかける

「でも、そんなにやりたくないんだよな~」
「なぜ、みんなそんなに契約を取りたいのかな」
「月末に売り上げをあげる意味ってなんなんだろう」
「そもそも・・・」

とか、思考は深まっていく一方だ。

はたから見たらフリーズしている僕をみて、彼が僕を現実に引き戻す。

「あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!」

さっきと言っている事は全く一緒だ。!マークが追加されただけだ。

「うん、わかったよ」と端的に回答する。

「なんか、こいつ必死だな。でも、さっきと言っていることひとつも変わってないな。」と私が私に声をかける。私はその言葉に同意する。とはいえ、彼らしさが出ているななんて思う。

やっぱりフリーズしている私を見て、彼はダメ押しをするように言う。

「あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!なんちゃらかんちゃらですが、あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!!」
「あーだこーだでなんちゃらかんちゃらですが、あの条件をクリアするためには、かくかくしかじかで、こうやれば大丈夫です!!!」

話の途中から、ちょっと面白くなってきた。
同じこと言うの3回目。しかも、その同じことを3回も重ねてきた。
「話しなげーし、内容変わってねーし、でも圧力強くなってるし、よっぽど俺の反応が悪いだろうな~」と
やっぱり、心の中で私は対話をしている。

とはいえ、フリーズし続けると、4回目の同じことを聞くことになりかねないので、

「わかったよ、電話してみるよ」と伝える。

彼は目的を達したと思ったのか、これ以上は言っても無駄だと思ったのか、
微妙な顔つきで自席へと戻っていった。

すぐに私は顧客に電話をし、あっという間に契約を頂戴した。
結局は彼の想いの通りに行動したのである。

彼はコミュニケーションという影響力の資質を駆使して、私に言葉で影響を与えた。
彼のコミュニケーション(5番)に私の内省(1番)が屈した瞬間である。

記事作成者:吉岡里栄子

こんにちは、ストレングスコーチの吉岡里栄子です。

あれは今から9年前の2010年のこと…、コーチングの勉強を始めて3年くらいたった頃でした。それまで男性のコーチにコーチングをお願いしてましたが、女性のコーチをつけたいと思い始めたのです。
そこで、コーチAのコーチトレーニングプログラムでお世話になっていた森川里美コーチにコーチングを申し込みました。

それまでストレングスファインダーは全く知らなかった私、森川コーチから「ストレングスファインダーのテストを受けて、結果を教えて~」と言われ、「ほうほう、世の中にはこんなテストがあるのね」なんて思いながらテストを受けたのです。

177問の質問に答え、画面に現れたテスト結果は、
自我
社交性
個別化
最上志向
親密性

1位は…、“自我”…?? なんかイヤな予感する…、わがままで自分勝手な資質のような…と思いながら解説を読むと「あなたは重要な人物と見られたいのです、」…

「ヴっ…ヴぁぁぁ~っ!!」と、実際に声をあげたか、頭の中の声だったのか覚えていませんが、とにかく叫んだことは確かです。
叫ぶと同時に、「さぁ、才能に目覚めよう」の本を部屋の隅に投げ飛ばしました。
「な…なに?このテスト! 私が隠してたものを出しやがった…、しかも一番上に…!」

呼吸は乱れ、頭に血が上る感覚、鏡を見る余裕はありませんでしたが、顔は真っ赤になっていたでしょう。

少し落ち着いてから、部屋のすみに投げた本を拾いに行き、“自我”のところを読んでみました。
「痛い…痛いよぉ…」今まで思い当たることばかりです。もう恥ずかしいのか、頭に来てるのかわからなくなってました。

なぜ、こんな反応をしたかと言うと、私は子供の頃から両親に、
「お前は“我(が)“が強い、我を押さえなさい」
「女の子なんだから、控えめにしてなさい」
と言われて育ってきたからなのです。

おそらく、私の自我は生まれ持っていたものだったのでしょう。私と顔や性格がそっくりな父も、自我が強いと思われますから。

そう言われて育ち、本人は自我を隠していたつもり…、ですが全然隠せてなかったと思います。解説を読むと思い当たることばっかり…、自我の自覚は十分にありました。

でも、この“自我”、これが才能だと言われてもすぐには受け入れらません。
その時から、私が“自我”を受け入れて活かすまでの、長い戦いが始まったのです。

「個性輝く働き方提案コーチ」 吉岡里栄子オフィシャルサイト
http://www.y-worksupport.com/


記事作成者:松岡直美

「今日すっごく面白いセミナーだったよ!」
と東京でウィリアム・グラッサー博士の選択理論という心理学を学んできたときのこと

家に帰ったら、私が熱く語りだすと
ふんふん、、と一生懸命聞いてくれるのですが
そのあと

「選択理論って最近の心理学やろ?
それを学ぶのはとてもいいと思うけど、
そもそも、心理学や哲学の歴史を知っといたら、もっと学びが深まると思うなぁ」
と、
「参考に齋藤孝のざっくり西洋哲学の本持ってるから、すごくわかりやすいし、それ読んでみたら?」
とポーンと手渡された。

この時、私と夫のストレングス、トップ5を調べていたので、
夫の思考になるほどーー!と思った。

夫は【原点思考】という資質を持っている。

そもそも と言い出すと、あ!きたか!!と
思う。

銀婚式を越える年月、夫とまあまあ仲良く過ごしていますが、
私がすごく未来を語っているときに、夫に
話の腰をおられる感覚があって、

「なんでいま楽しく語ってるのに、過去の話するん??」と思っていたのですが

私はストレングスで2位が【未来志向】

夫とは真逆の資質を持っていた!!

それがわかって、この頃は夫の思考パターンがとても興味深い。

先日の話、
ずっとガラケーだったのに、遅ればせながら
スマホを持ったので、LINEができるようになった
夫くん

趣味の仲間のLINEグループにはいることができた。


「LINEとFacebookのグループやったら、Facebookの方がいいよなぁ」

私「なんで??」

「途中からメンバーに入ったら、過去の会話が見られへんから。」

私「過去の会話って知る必要ある?」

夫「だって、決まった事柄に対して、それぞれがどういう意見を持っていたか経緯を知ると、
この先に進めるときに、だからこうするって意見がいえるやん。」

ふーむ、、。

そっか。やっぱり過去の経緯が理解すると前に進める人なんやー!

私には全く理解できないけど、
そんな夫は私のふわふわした【着想】??【未来志向】の妄想を、ちゃんと地に足がついた状態に
固めてくれる。

理想のパートナーやん!と
最近は夫の意見に耳を傾けている。

松岡直美
ブログはこちらです
https://ameblo.jp/coaching-kobe/

メルマガはこちら
https://www.reservestock.jp/subscribe/75547


記事作成者:木村和宏

こんにちは、ストレングスコーチの木村和宏です。

ITシステム構築のプロジェクトマネージャ(以下PM)をしていた時のことをお話しします。

いくつか印象に残っているプロジェクトはありますが、人間しんどい経験の方が強烈に記憶に残るのでしょうか、しんどかったプロジェクトの方が記憶に残っています。

ほとんどは、プロジェクト発足時からPMを務めていたのですが、中には、炎上したプロジェクトの「火消し」に入ることもありました。やはり、燃えているプロジェクトのPMを引き継ぐのはキツいものです。

実は、私、昔から問題解決、マイナスをゼロにすることにエネルギーを感じることがあまりないのです。因みに、「回復志向」は28位です。

例えば、麻雀を例にあげると(麻雀のルールをご存知ない方にはゴメンナサイ)、満貫とかの高い点数の手を振り込んでしまい、自分の点棒が大きく原点を割ってしまった場合には、一気に気持ちがヘコたれ、頑張って回復しよういう気に自分を鼓舞するのに相当の努力を要します。むしろ「ポジティブ」の資質が作用して、何となるだろう、と何となくそのままゲームを続け、結果的には何とかならず、そのゲームはマイナスで終わってしまうことが殆どです。

そんな私が、「火消し」PMの時にどのようにしてスイッチを入れていたか、お話ししたいと思います。

まずは、火消しPMを引き受ける時。

大抵は、上司から呼ばれ、「××プロジェクトを助けてくれ。まずはPM交代が必要で、ここは木村さんしかいない」と言われます。「自我」が刺激され、これだけでも気分は悪くないのですが、この後のしんどさを考えると、もう少し言葉が欲しい。そこで、「分析思考」×「原点思考」×「自我」。

自分:「どうして、自分しかいないと思うのですか?」
上司:「これまでのPM手法を見ていて、さすがと思った。」
自分:「どんなところが?」
上司:「〇〇とか△△とか。」

そこまで言われたら、頑張って引き受けるしかないか、と思っちゃいます。

あるプロジェクトでは、その後、大ボスの役員から「引き受けてくれてありがとう。すべての責任は自分にある。何か困ったことがあったら、何でも言ってほしい。いつもあなたを支えている。」なんてメールを受け取って、「自我」×「責任感」×「達成欲」に火がついて、いざ、修羅場へ、となりました。

一旦、引き受けてしまうと、「責任感」×「達成欲」で最後までやり切るのですが、あるプロジェクトが終わって1年くらい経った後、そのプロジェクトでサブPMとして支えてくれたメンバーと飲みに行った時に、こんなことを言われました。

「夜中の1時頃、帰ろうと思って、様子を見に来たら、木村さんが残っていて、“〇〇さん、今、手が空いている?”と聞かれて、“はい”と答えるしかなく、“じゃ、これ手伝って“と言われて流石にびっくりした。」

平常の感覚だったら、まずその時間に、そんなことは言わないでしょうが、何しろ、「責任感」×「達成欲」のスロットル全開中。自然に出ちゃった言葉でした。

ただ、この強烈な「責任感」×「達成欲」をコントロールするために、火消しPMを引き受ける前に必ず行うことが1つあります。

それは、ボスに、「自分が火消しに入ると、お金をかけますよ」と言っておくこと。

ここが重要なポイントで、決められた予算内で事態を収束させます、なんてことをコミットしてしまったら、その約束を守るために、貧弱な武器のなかで、「責任感」×「達成欲」で戦い、ただ勝算もなくガムシャラに頑張るだけで、自分を追い込んでしまうのは明らかです。

実際は、自分が使いたいだけ使えるというわけではないのですが、「お金がかかるよ」ということを宣言しておくことが自分にとって重要なのでした。

でも、何と言っても、「火消し」の必要がないのが一番ですね(笑)。


記事作成者:大原亜希

こんにちは。ストレングスコーチの大原亜希です。

私ごとですが、うちの父は長いこと地元の国立大学で教えていました。えこひいきをせず、学生に平等に接するだけでなく、落ちこぼれの学生も卒業まで辛抱強く見てくれると、学生からはとてもとても人気がありました。

そんな父が家ではどうだったかというと「甘やかす」という単語が辞書には存在していないらしく、父が大学の教授だというと「いいなー。なんでも買ってもらえるんでしょ。」とか、近所のお友達にはよく言われたものですが、まっっったくそんなことはなく、クリスマスと誕生日以外に何かを買ってもらった記憶がない。。。

一度「子供だから特別みたいな感覚は無いんよなあ。皆平等に見てしまう。」と言われて、衝撃を受けたことがありますが、その代りに父は「学び」をとても大切にしていて、そのためならどれだけでもお金を出す、というのがポリシー。

一度私が「お金貯まったから、フランスで1年フランス語の勉強しようと思うんだけど。」と言った時には「お父さんがお金補助したるから、3年ぐらい行ってマスターしてきなさい。」と言う。娘を海外に出すのは心配だ、という親御さんも多いなか、ある意味とても自由に成長させてもらったなーと思っています。

大学教授は変わっているとよく言いますがうちの父も決して例外ではなく、長年勤めていた大学を定年退職した後は、忍者についての研究に携わり(父の実家は忍者の里でもある滋賀県の甲賀市)、一度実家に帰ったときに「忍者の走り方」を本気で指南されたことがありました。(やはり、子孫としては伝統を守ったほうがいいのだろうか?)

そんな父は昔から本当に人のご縁に恵まれていて、ついこないだも30年以上も前に面倒を見ていた教え子たちに招かれて中国へ旅行してきたばかり。はたから見ていて「よくそんなに長く関係続くよな~。」と思わずにはいられない、人生を人とのご縁で乗り切ってきた人です。

ストレングスファインダーの診断結果を見た時「(研究者やから)もう少し分析思考は上位やと思ったんやけどなあ。」と残念がっていた父は、おそらくその代わりに活用してるであろう原点思考の影響なのか、「葛飾北斎の本を読んで感銘を受けた」と最近言い出しました。詳しく聞いてみると、「北斎は80歳を過ぎても、まだまだ成長していた。自分もそうなりたい。」と思ったそう。近々大学で、本格的に心理学の勉強を始めるらしいです。

父の上位資質には、

・運命思考(人とのご縁を大切にする)
・着想(人と違うことを思いつく。変わっている、は褒め言葉)
・包含(輪から外れている人もその中に入れる)
・成長促進(辛抱強く人を育てる)
・公平性(皆を平等に扱いたい)

などが並んでいます。

はて、これは本当に研究者だった人の資質かしら?と思ってしまうくらいに、上位には人間関係構築資質が並んでいて、思考系は着想のあとは11位の原点思考まで現れません。心理学を勉強したいと言い出したのも、「人の役に立ちたい」という思いが最初にあったから。

そしてそんな父と私のTOP10資質はなんと8個同じ。「スイッチになるのは人との関わり」うーむ、どうやら私の才能は、父から多いに影響を受けているようです。

<編集後記>
父は3年前の夏に心筋梗塞で倒れて、あと一歩遅かったら・・という状態でした(因みにその時も冷静に自分で救急車を呼んだツワモノです)。病室で自分の人生を振り返ったとき、「これからの人生は自分の思うように生きてみたい。」と思ったそう。

ストレングスファインダーを受けていなくても人生を生きていくことは可能ですが、知っていることで自分の大切な人や周りにいる人を、もっともっと深く理解するキッカケになると感じてます。父のストレングスファインダーの資質を知って、私が知らなかった新たな一面をたくさん知ることが出来ました。近くにいる人ほど、実は「見えていない」のかもしれませんね。

▼あなたも「強みの旅」を始めてみる?
Coaching Labo LIBERTE ~ストレングスファインダーで強みの旅をするためのガイド集~


記事作成者:松本美和

今日は【適応性】
について シェアしたいと思います

先日
オーストラリアから帰国するはずの娘の飛行機が
欠航になり焦りました。
でも、
無事に そして笑顔で帰宅いたしました。

ここに至るいきさつを書いてみたいと思います
よろしかったらお付き合いください

蓋を開けてみれば
彼女の強みである【最上志向×適応性】を
うまく使っていました。

本来なら成田に戻るはずが
機材の都合でその便が欠航

日本に向けて 
ジェットスターのケアンズからの就航便は一日2本
1本は成田に向けて そしてもう1本は関空着。
関空到着予定は19時半

娘たちは その時間に関空到着では
新大阪発の最終新幹線には間に合わないことを思い
いわば賭けで21時30分発のANA羽田行き最終便に
予約を入れていたようです

保証がどうなるかとかは
全く考えないで行動するところが娘らしい。

それに
成田行きの飛行機の30分後に関空行きの飛行機が飛んでいるので
(ほら 私 昨日一日で時刻表のプロになりました 爆)
いかに
この時の娘の行動が素早かったかがわかります

これが【適応性】を強みに持つ人です

事前の私のリサーチで
代替え交通費はあとで請求すればOKと確認していますので
これはあとで精算すればよさそうです

よかったよかった

娘の飛行機を追跡しながら
新幹線は間に合わないし
京都発の夜行バスなら なんとかなるかなとか
私は私なりにいろいろ考えてましたが
まさか、関空発のANAとは・・・拍手!!!

ストレングスは
逆境の時 出ますね~

そういえば
NY出国前の 危機的状況の時も
娘が一番 冷静沈着だったよね~と
今日も 話していたところです

適応性31位の私には 到底できない技です
(だから NYのあの時 私は泣き崩れただけ。。。爆)

これが 彼女の強みなんですね~(*^_^*)

というわけで 今回の教訓は

海外旅行保険
飛行機遅延の補償は絶対つけるべし!
です。

私は いつもそれは重要事項としているのですが
今回 娘も学んだことでしょう

ちなみに 【飛行機遅延】をつけても 100円くらいしか変わりません(笑)

実際のブログはこちら 
https://ameblo.jp/pokoapoko0825/entry-12436472660.html