BLOG

他者との対話の一覧

記事作成者:重次泰子

こんにちは、ストレングスコーチの重次泰子です。

我が家には、「ポジティブ®」の人と、「分析思考®」の人がいます。

「ポジティブ®」の代表は私、「分析思考®」の代表は夫です。

「ポジティブ®」が上位の私は、細かいことにはこだわらず、何事も前向きに捉えるタイプ。どちらかというと物事を頭ではなく感情で理解します。
一方「分析思考®」が2位の夫は、分からない状態が嫌で、納得するまで「なぜ?」と聞き、データの裏付けが欲しいタイプ。感情には流されず、ファクトを重視します。

ある時、息子が言いました。
「夫婦で本当にタイプが違うよね、会話を聞いてるとおかしくて・・・」
言われてみると、材料になりそうなことがたくさん思い出されてきます。

【すぐに面白がる私と、疑う夫】

先日、面白い記事を見つけ、早速夫に見せました。
「すごいすごい、これ面白いと思わない?」。

一読した夫の第一声です。
「なんでそういう結果になったの?その実証の仕方、本当に正しいの?そのやり方で本当にその結論が導けるのかなあ?」

盛り上がった私のエネルギーは一気に冷めます。
むっとした顔の私をみて、「ごめん、でもどうしてもその記事、鵜呑みにしない方がいいと思うんだよね。」

【映画の内容が分からなくても先に進む私、巻き戻す夫】

家族で、地上波初放送の「君の名は。」をビデオに録り、皆で見たときのこと。

この映画、過去と現代を行ったり来たりするのですが、クライマックスに近づくにつれて時代が交錯し、今いつなのかわからなくなってきます。

よくわからないけど、盛り上がってきたし、「まっ、いいか」と思っていた時、むくっと立ち上がった夫が巻き戻し始めました。
「ここがよくわかんない、三葉と瀧はどの時代にいるんだ?」

しばらく巻き戻したり進めたりして、納得すると、「分かった!」と言って再びスタート。
「せっかく盛り上がってたのに!」と文句を言う私たち。

【適当に作る私、ちゃんと計って作る夫】

料理を作る時、私はレシピを見ることもありますが、材料を決めて、何となく作ることの方が多いです。
夫は、スープ一つ作るにしても、必ずレシピを見て、きちんと材料も計って作ります。

しかし、作りながら、夫が必ず「うっ!」とフリーズするポイントがあります。
「だし汁」と「少々」または「適量」です。
ちゃんとだし汁を作っている家庭と違い、我が家はお湯に即席の粉をちょこっと入れることでしのぐ家です。

だしの粉の量はあまり考えず、なんとなく「適量」を入れます。
しかしこの「適量」とか「少々」など、量がきっちり提示されていないのが夫は嫌なのです。
そういう時は、私が適当に入れて、「これで大丈夫!」と言います。

そういえば夫は先日アマゾンで、「チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理」という本を見つけて大喜びしていました。
面倒くさいなあ、とも思うのですが、夫はレシピさえしっかりしていれば、手間暇がかかっても意外と大丈夫。
私が敬遠して作らないようなものも作るし、味もぼけていないので、家族には喜ばれています。

【資質の違いを知ると、「あきらめ」がつく】

お互いにタイプが全く違うことは分かっていましたが、資質の違いがはっきりするまで、「相手の思考、行動を変えよう」としていたように思います。

「少々なんだから、自分が少しと思っただけお塩を入れればいいじゃん!」
「適当に決めないで、もっとよく値段を比較してから、どこで買うか決めてよ。」

そういわれても、そう簡単に変えられるものではないので、互いのイライラが高まります。
しかし資質の違いを知ると、ある程度「あきらめ」がつくので、あまり腹が立たなくなります。
「きちんと数字で示してほしいタイプだから、少々が嫌なんだな。」
「分からない状態が気持ち悪いから、ビデオを巻き戻すんだな。」

家族や近しい人との関係では、この「あきらめ」が意外と重要です。
「あきらめる」ことで「相手を自分の思い通りにする」ことを手放せるのかもしれません。

小さなことですが、毎日の生活での積み重ねで考えると効果は大きいと感じます。
家族で資質の理解、やってみませんか?

ブログはこちら
「リソースをフル活用しよう」
https://yasu7.jp/

記事作成者:楠麻衣香

こんにちは、ストレングスコーチのくすのきまいかです。

普段はストレングスプロデューサーとして、
世代研究を通じて主に20代若手や30代のの成長支援をしています。

各社新入社員が入社して1ヵ月が経ちました。
新人にストレングスファインダー®を受けてもらって
育成に活用しよう、という企業も多いようですが・・・

 
              その使い方、間違っていませんか!?

ということで、今日は新人・若手社員へのストレングスファインダー®活用法をお伝えしましょう。

まずは、ストレングスファインダー®を使うにあたってのスタンス編です。

スタンス1:強みなんて知ったら好きなことしかやらなくなるんじゃないの!?

 これ、よく人事やマネジャーの方(年配?ベテラン?)から聞く言葉です。

 が、

 ワクワクすることで成果が出るならどんどんやらせればいいじゃないの!
 というのが私のスタンスです。
 というか、ストレングスファインダー®を開発しているGallup社のスタンスでもあります。
 人は自分の強みを使っているときはそうでないときより
 生産性が6倍も高い(!)というデータもあるほど。

 でも「好きなこと”しか”」やらない、はいけません。
 これはビジネスというフィールドに立った以上、
 強みを発見しようがしまいが、新人の成長に必要な経験をさせること、
 もっといえば成果を出すために行動をしなければいけないことには変わりありません。
 どのような環境でも自分の得意領域で勝負ができるような人材を作るためには
 とても有効なツールだといえると思います。

 
スタンス2:採用や配置に活用しない

 これも多くの組織でよく誤解されている事象として見受けます。
 正確に言うと、配置に活用するのはNGではないのですが、注意が必要。  
 なぜなら、
 ストレングスファインダー®はWHATではなくHOWのツールであり、
 採用ではなく人材開発のためのツールだから。
 
 例えば、
 「達成欲®が無いから営業へは配属しない」
 のではなく、
 「達成欲®は無くても、上位資質の内省®を使ってどうやったら営業として結果をだせるか」
 を考えるためのツールなのです。
 
 ストレングスファインダー®からは本人に何が適職かはわかりません。
 新入社員にとって配属は一世一代の関心ごと。
 最近は「なぜ自分はこの部署に必要とされたのでしょうか」
 と聞いてくる新人も多いですが、
 配置とは企業組織の全体最適を見ての戦術であって
 個人のニーズに応えるものではないこと、
 どのような環境でも結果を出せるように努力することが新人の成長の第一歩であること、
 その際に、自分の才能をどう使えばよいかを一緒に考えること
 をぜひ伝えていきましょう。
 

 ということを踏まえ、新入社員へのストレングスファインダー®活用法3つをご紹介!

活用法その1:苦手なことや理不尽なことに挑戦させる!

 「強みの開発」と真逆のこと言ってない!?
 いえいえ、そんなことは無いんです。
 
 テストを受けて出てくる資質トップ5そのものは、実は強みではありません。
 皆さんがよく使ったり持っている才能(武器)の5つが表れています。

 例えてみれば「はさみ」のようなものです。
 上手に使えば、1枚の紙から素敵な芸術作品を作って感動を与えることができますが、
 下手に使うと自分や他人を傷つけることにもなりかねません。

 新入社員はまだまだ社会人としても成人発達の見地からも未熟です。
 上位資質を強みとして使えていないことも多々あります。
 つまり、
 自分の持っている才能を、強みとして使えるようにトレーニングする必要があるのです。
 
 才能を強みに変える一番の方法は
 「自分の苦手なことや理不尽な環境でも求められている成果を出そうともがいてみる」こと。

 この「成果を出そうとする」ことがとても重要なポイント。
 
 いまどきの新人さんは、生きてきた時代背景から
 ほか世代よりも周囲からの評価をとても気にします。
 ややもすると、周りからどう見られているかを気にしすぎて
 嫌われないようしよう、という軸で行動をとることがあります。
 そうではなく、求められている成果を出すために何ができるか、
 を考えさせ行動を後押しすることで、
 自分の才能を使って結果を出すことができるようになります。
 

 でも、いつもいつもうまくいくことばかりではありません。
 心が折れてしまいそうなときは・・・

活用法その2:失敗・成功の理由を資質を使って対話する
 
 例えば、1本メールを送っておいて、と新人に依頼していたとしましょう。
 しかし、待てど暮らせどメールが来ない。
 依頼した先輩はせいぜい10分くらいでメールが来るだろうと思っていたので
 心配になって新人の席まで行ってみると
 1時間たった今もパソコンの画面ににらっめこしてながーいメール文章を書いています。

 「なんでそんなに時間かかってるの、要件だけでいいからさっさと送ってよ」
 
 と、言いたい気持ちはわかりますが、そこはぐっとこらえて。

 求める成果の基準
 (たとえばメール1本は15分くらいでかけるようになるといいね)を
 伝えた後に
 「なんでこんなに時間がかかったんだろうね?どの資質がそうさせたと思う?」
 と問いかけてみましょう。
 もしくは
 「あなたの共感性®が相手のことを考えすぎてメールを長くしてしまったんだね」
 とフィードバックをし、その後対策を一緒に考えていきましょう。

 「あなたのここがだめ!」
 と言われると人は受け入れがたいですが、
 「〇〇という資質が暴走した/無駄使いしてしまった」
 を言われると、
 二人の間で「暴走してしまった資質を扱う」モードになるので
 指摘された本人も失敗を扱いやすくなるのです。
 (これを心理学的に外部化といいます)

 こうしたことを繰り返すとどうなるか。
 新人はそのうち、自分自身で成功・失敗の原因を内省できるようになり、
 経験学習サイクルを回せるようになっていきます。
 自分で考えて自分で動けるようになる、自走する力が育っていくのです。
 半年もすれば、指導担当の先輩はとっても育成が楽になるにちがいありません。
 

活用法その3:できない言い訳にしない

 なかには
「私にはコミュニケーション®がないからプレゼンがうまくできない」
「私は達成欲®がないから目標は達成できない」
 と言い訳に使ってしまうケースもあります。

 これは絶対にダメです。
 先述のとおり、上位資質は私たちが普段から使っている武器。
 この武器をどう駆使してどう工夫をしたら
 求められている結果を出せるようになるかを考えていきましょう。

 その際に大切なことは「自分の上位資質をうまく使ってみる」こと。
 例えば、コミュニケーション®が無くて…という場合
 上位に戦略性®を持っている方は、
 このプレゼンテーションでは何を持って帰ってほしいのかという
 「ゴールを設定」します。
 そして聴衆はどんなニーズがあるのか、過去に類似の場はなかったか、
 自分がプレゼンしようとしている内容と似たものはないか、といった
 様々な「情報を収集」して、
 最もゴールの実現に近いシナリオは何かを組み立てるのです。
 
 あとは練習あるのみ!
 これできっと素敵なプレゼンテーションができるはずです。

 余談ですが、
 たとえ上位にコミュニケーション®を持っていたとしても、
 練習の無いプレゼンテーションというのは80点で終わってしまうもの。
 端的に話す訓練をしたり、
 (コミュニケーション®2位の私はロジカルコミュニケーションの
 トレーニングがすごく有効でした)
 聴衆に合わせて言葉のチョイスにこだわるなど、
 持っている資質を極めるためにどんどん投資をしていきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
特に新入社員のうちは、1年くらいするとストレングスファインダー®の結果が
大きく変わることがあります。
あまり結果に縛られすぎず、ほかにもまだまだ眠っている才能があるんだ
という気持ちで、本人たちの自信を高めるように
行動の後押しをしてけるように活用してみてくださいね。

記事作成者:梶本由美

こんにちは。ストレングスコーチの梶本由美です。

ストレングス=強み というと、どんなことが頭に浮かびますか?

ほかの人より優秀であること、抜きんでていること、
のように思うかもしれませんが、実は誰でも持っているものですし、
優劣ではなく、横並びの「違い」なんです。

ストレングスファインダー®の「強み」は、
その人固有の思考、感情、行動の傾向性=資質(強みの素)を
意識して効果的生産的に使うことにより、「強み」になります。
反対に意識せずに振り回されたり、周りを振り回したりすることもあり、
その結果「弱み」にもなってしまうものです。
34の資質に分類されていて、本や資料の解説を読んだり、ストレングスファインダー®について書かれたブログ記事を読むことでも理解が深まります。
もし可能であれば、ストレングスコーチによる講座やセミナーやお茶会に参加されることをお勧めします。そこには、その場でしかわからないライブの学びがあるからです。

=   =   =   =   =   =
【インフォメーション】
全国のイベントはこちらでチェック ⇒ イベント情報
=   =   =   =   =   =

「みんな平等に」という普段当たり前に使う言葉一つとっても、
自分が思っている「みんな」の範囲や「平等」という認識は、
びっくりするほど違っていることを目の当たりにします。
個人旅行で職場の人にお土産を買う場面を想像してください。
34資質の「公平性®」を上位に持つ方は、美味しそうなお饅頭を見つけたら、
職場の人数と個数を合わせてお土産を選びます。
数が足りなくて誰かがもらえない、なんてことがないように。
さらに、ひとり1つお土産がいきわたるかを気にかけてくれます。
一方「個別化®」を上位に持つ方は、美味しそうなお饅頭を見つけたら、
職場の人を思い浮かべて、甘いもの好きなAさんにはお饅頭を選びます。
Bさんは写真が趣味だから風景写真のはがきセット、Cさんはお子さんが小さいから可愛い人形が喜ばれるかな。。。というように、相手に合わせたお土産を選ぼうとします。そのために、いくつかのお店を回るほどです。
「みんな平等に」という認識が、
「みんなに同じものを同じ量あげることが平等だ」という人もいれば、
「みんな違うから、それぞれに合うものをあげるのが平等だ」という人もいるのです。

これが、職場での教育や指導の場面だと、この「違い」はもっと深刻なことになりませんか?
相手に合わせた個別指導しているつもりが、「えこひいき」と見られてしまったり、
全員に均等に順番に機会を与えてるつもりなのに、不平不満を言われたり。
善かれと思ってした言動が裏目に出てしまい、周りとうまくコミュニケーションが取れない状況に陥ることもあります。
逆に「自分のことをよく見て指導してくれて、やる気が出る」と感謝されたり、
「人によって態度を変えない、芯のある信頼できる人だ」と頼りにされることもあります。
どちらがいい、悪い、ではないのです。

。。。というような話をしたり、聴いたりしながら、それぞれの違いを認識していくと、

「だからあの人はそんな行動をするのか!」
「私がイラッとするのは、彼のそういう傾向性なんだ」

「どうも上手くいかない人がいるが、自分から関わり方を少し変えてみよう」
「ええっ!私の当り前はあなたの非常識ですって?」

などなど、発見や驚きを体験します。まさにライブの学びがあります。

自分を知ることで、周りの人のことも知ることができます。
人間関係の悩みがあっても、結構肩の力が抜けて、ラクになれるかもしれません。

「なんで?」「どこがいけないんだろう?」なんて、
暗中模索しているとすごく疲れるように思います。
灯りの下で見たら、なにかヒントが見つかるはずです。

「見える化」って前進するために大事な一歩ですよね。

日本が「みんな違ってみんないい」世の中になったら、
本物の自分で生きやすくなる。
そんな世の中を、次の世代の子どもたちに引き継ぎたい。
まずは大人から。
自分の「強み」を知って、好きになって、活かしていけたら、
その考え方で周りの人に関わって行ったら、
私たちを取り巻く世界が変わると信じています。

もっと素敵な世の中にしたくて、
いろんな人が、いろんな場所から、いろんな方法で、
アプローチしているから、
自分に合うものを選べばいいと思っています。
私の場合は、ストレングスファインダー®の「強み」文化がそのひとつ。
自分が体験して「これはいい!」と実感したものしか語れない性分なので、
ずっと「強みを活かす」にこだわり続けていきます、笑。

福岡市で、ストレングスファインダーR好きな方、関心をお持ちの方が出入り自由の「ストレングス倶楽部」では、34資質をテーマに語り合う「ゆう活」を開催しています。
お題はあるのですが、参加される方のリクエストによって臨機応変に展開しております。

詳しくはこちらをご覧ください ⇒

https://www.street-academy.com/myclass/8491