Q&A

ストレングスファインダー®について

ストレングスファインダー®とは何ですか?

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査&組織コンサルティングのギャラップ社が、“人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する”という考え方に基づいて開発した、その人の強みの元である才能を調べるためのツールです。

詳しくはこちら

ストレングスファインダー®で何がわかるのですか?

ストレングスファインダー®の結果わかるのは、あなたの“考え方や感じ方、行動のしかた”の傾向性です。それは止めようとしても、なかなか止められないほど自然なもので、効果的に使ってはじめて強みになります。

ストレングスファインダー®はどのように使うのですか?

こちらをご覧ください。

詳しくはこちら

ストレングスファインダー®はどのように受けるのですか?

こちらをご覧ください。

詳しくはこちら

ストレングスファインダー®は何歳以上を対象としていますか? 子どもでも受けられますか?

18歳以上を対象としています。人の“考え方や感じ方、行動のしかた”は、18歳頃で傾向性がほぼかたまってくるとされるため、この年齢となっています。

無料でストレングスファインダー®を受ける方法はありますか?

残念ながら、無料で受ける方法はありません。アクセスコードがついている書籍を購入していただくか、ギャラップのサイトでアクセスコードを購入して受けていただくことになります。

ストレングスファインダー®は複数回受けてもいいのでしょうか?

ストレングスファインダー®を複数回受けても問題はありません。ただし、2回目以降は、質問に対する慣れが起こり、また1回目に比べると回答結果を意識しながら受けてしまうため、初めて受けた際の結果の方があなたを反映していると思われます。ゆえに、複数回受けることはお勧めしていません。

ストレングスファインダー®の結果は変わりますか?

ストレングスファインダー®を2度以上受けた場合、結果はまったく同じにはなりません。しかし、前述したように、複数回受けることはお勧めしません。

ストレングスファインダー®を受ける際に、たとえば転職、結婚、親しい人との死別など避けた方がいい時期はありますか?

ストレングスファインダー®は、検証調査で、内的一貫性で有効性が確認されており、気分の上下により結果が大きく左右されることはありません。ただし、可能であれば、転職や結婚など大きなライフイベントの直後や、メンタルの不調をはじめ体調不良の時は避けることをお勧めします。

ストレングスファインダー®の結果を上位5資質だけでなく、すべて知ることはできますか?

ギャラップ・ストレングスセンターのサイトからアクセスコードを購入しご自分の1位から34番目までの資質順を知ることができます。ストレングスファインダー®自体は日本語で受けられますが、アクセスコードのクレジットカード購入は英語で、また何かあった場合の問い合わせも英語になります。ストレングス・ラボでは、残念ながら英語での問い合わせ代行は行っていないので、あしからずご了承ください。

ストレングスファインダー®を以前受けたときの結果をもう1度確認したいのですが、パスワードは忘れてしまいました。以前の結果をどうすれば確認できますか。

Gallup社のサイトにアクセスし、[ユーザー名またはパスワードでお困りですか?]をクリックして、登録してあるメールアドレスを入力、送信して下さい。パスワードを再設定できるリンクが送られてきます。そのリンクにアクセスして、パスワードを再設定して下さい。リンクは24時間有効です。

講座について

ストレングス・ラボの講座は、どのような方を対象にした講座ですか?

ご自分や周囲の方々の強みを活かして可能性を最大化したい、仕事も生活も豊かにしたい、と思う18歳以上の方であれば、どなたでも受講できます。
(企業など組織単位で受講されたい方は、ストレングス・ラボまでご相談ください。)

ストレングスファインダー®をまだ受けていないのですが、受講は可能ですか?

ストレングスファインダー®のアセスメントを受けてからご参加ください。

ストレングスファインダー®についてはよく知っているのですが、基礎コースからスタートしなくてはいけませんか?

ストレングス・ラボの各種コースはすべて基礎コース受講を条件にしています。これまで何らかの形でストレングスファインダー®を学んだことがある方も、知識や認識のリフレッシュを兼ねて基礎コースを受講してください。

コーチングについて知識も経験もありません。それでも、ストレングスコーチングコースの受講は可能ですか?

コーチングの学習経験がなくても受講は可能ですが、実際にストレングスコーチングを行うにあたってはある程度のコーチングの知識・スキルがあった方が効果的です。適切なコーチング学習機関をご紹介しますので、詳しくは事務局までメールにてお問い合わせください。

コース受講の順番はありますか?

最初に基礎コースを受講したあとは、順番はありません。ご自分の興味と日程にあうコースを自由に選択してください。

以前、書籍でストレングスファインダー®を受けて5番目までなら知っています。講座を受講するにあたり、もう1度受け直した方がいいでしょうか?

アセスメントを受け直す必要はありません。その上位5資質で受講できます。

1度受講した講座を再受講できる制度はありますか?

通常料金の半額で再受講していただけます。お申込みにつきましては、お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。

ストレングス・ラボの講座を受講すると、ストレングスコーチの資格が取れるのですか?

ストレングス・ラボではストレングスコーチ資格の発行を行っておりません。ストレングスコーチの資格については「ギャラップが提供するストレングスコーチ養成プログラムについて」をご確認ください。

東京以外での開催はありますか?

東京開催が中心となりますが、関西、九州、北海道での開催も予定しています。

費用はどのくらいかかりますか?

企業などでの団体受講や研修制度はありますか?

法人研修の経験豊かなマネジメントメンバーがご要望をお聞きして最適な提案をさせていただきますので、企業向けワークショップを参照いただき、お気軽にご相談ください。

申し込みについて

どうやって申し込めばいいのですか?

講座受講の際は、こちらのWebサイトからの事前申込をお願いしております。お申込にはメールアドレスとクレジットカードが必要です。詳細は、お申し込みの流れ?

費用の支払い方法を教えてください。

講座受講料のお支払いは原則としてクレジットカードからのお支払いになります。

領収書は発行してもらえますか?

発行できます。お申込み時に「備考欄」に領収書希望の旨と合わせて、宛名、但し書きの内容をご記入下さい。領収書は講座の当日にお渡しします。

希望する日程に空きがあるかどうかを知る方法はありますか?

開講カレンダー?の「受付状況」で目安をご確認いただけます。また、申し込みページで「カートに入れる」をクリックしてもカートに入らない場合は、残席がないとお考えください。

受講について

受講前に準備しておくべきことはありますか?

コースによっては事前の準備をお願いしています。詳細は、サイトの各コースの説明、申込後に送信するご案内のメールをご覧ください。

申し込み後のキャンセルは可能ですか?

キャンセルを承ります。必ず事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。ただし、キャンセル料が発生します。

一度申し込んだ講座を別の日程に変更できますか?

日程変更を承ります。ただし、2日間の講座の1日分だけの日程変更や開催初日の前日17時以降の変更のお申し出は承れません。必ず事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

遅刻や早退、一部のみ参加は可能ですか?

遅刻や早退に関わらず、合わせて1時間以上欠席された場合は、そのコースは未修了となります。次のコースに進まれるためには再度受講していただくか、有料の補講を受けていただくことになりますので、当日は遅刻や早退なくご参加いただけるようお願いします。

当日の持ち物や服装、昼食の持ち込みなどで注意することはありますか?

服装は自由です。会場での飲食条件、筆記用具以外の当日の持ち物は、申し込み後にお送りするメールの「当日のご案内」をご覧ください。

講座受講の意義について

講座を修了することで取得できる資格はありますか?

ストレングス・ラボでは、資格制度は用意していません。資格があることで学びのモチベーションが上がる方は、ギャラップ認定ストレングスコーチコース(ASCC)にチャレンジすることをお勧めします(詳細は「ギャラップが提供するストレングスコーチ養成プログラムについて」をご覧ください)。

講座修了後、ストレングスファインダー®を使ったコーチングやストレングスセミナーを展開しようと思っています。可能でしょうか。そのために必要となる要件がありますか?

可能です。ストレングスファインダー®を使ったコーチングやセミナーは、ギャラップ認定ストレングスコーチの資格がなければできない、というものではありません。認定資格の有無に関わりなく、実施できます。

なお、ストレングス・ラボでは、「基礎コース」を終了後に受講可能な「ストレングスワークショップ・ファシリテーターコース」をご用意しています。ご自分でストレングスのセミナーやワークショップを開催されたい方は、このコースで学ぶことをお勧めします(「応用コースⅠ〜Ⅲ」を受講されるとさらに能力と効果が高まります)。また、ストレングスファインダー®を使ったコーチングを実践されたい方は、コーチングを学んだ上で、ストレングスファインダー®を活かすことをお勧めします。(こちらを参考にしてください)

講座を受講することが仕事に役立っていきますか?

コースを終了したことで、即座にコーチングのクライアントを獲得したり、研修の仕事に結びつくことはありません。 ただし、コーチとして活動していくときに、ストレングスファインダー®はクライアントの成果を出していく上で大変有効なツールとなりますし、それをコーチの特徴の一つとして打ち出すことは可能です。

講座を修了した後も継続的に学び続けられる場はありますか?

情報交換の場や定期的なブラッシュアップのプログラムをご用意しています。 ストレングス・ラボは、ストレングスファインダー®というツールを使って、得たい成果に向かって自分の可能性を解き放していきたいと意欲を持つすべての方を応援し続ける生涯学習の場です。資格制度はありませんが、志を同じくする仲間と切磋琢磨していくことを応援します。

ギャラップが提供するストレングスコーチ養成プログラムについて

アメリカギャラップ社で認定ストレングスコーチの養成プログラムがあると聞きました。それはどのようなものですか? 資格は取れるのですか?

ギャラップ社がアメリカ、オーストラリア、シンガポール、インド、日本など数カ国で実施している、4.5日間のAccelerated coaching programがあり、このプログラムを受講することでギャラップ認定ストレングスコーチの資格を取得することができます。Gallup社のサイトで直接申し込みます。終了後、6人のクライアントにストレングスファインダー®を使ったコーチングを実施してフィードバックを受け一定スコア以上の評価を受けること、最終的に90分100問のテストを受けて合格することで、認定資格が得られます。資格は2年ごとに更新(有料)していきます。(2018年7月現在。変更の可能性はあります)

そのプログラムを受講するために、ストレングスファインダー®やコーチングについて、どの程度の知識やスキルが必要ですか?

ストレングスファインダー®の知識やコーチングの学習歴がなくても、ギャラップ社のストレングスコーチの養成プログラムを受講することは可能です。ただし、実際にギャラップのコースを受講するにあたっては、ストレングスファインダー®についてある程度知っている方が、より内容を自分のものとすることができます。また、ストレングスコーチングを行うにあたっては、ある程度のコーチングの知識やスキルがある方が効果的です。コーチングも学ばれたい場合には、こちらをご参照ください。

ギャラップ認定ストレングスコーチ養成プログラムとストレングス・ラボの講座は何が違うのですか?

ギャラップ認定ストレングスコーチ養成プログラムは、受講終了後にギャラップ認定ストレングスコーチの資格を得ることができます。ストレングス・ラボの講座は、資格制度はありませんが、ストレングスファインダー®と34資質への理解を深める上でとても有効な内容となっています。エクササイズやワークを効果的に使い、実生活の中でストレングスファインダー®を活用することに重点を置いています。

ギャラップ認定ストレングスコーチ養成プログラムを日本語で受けることは可能ですか?その場合、費用はどれくらいかかりますか?

可能です。 現在は、日本(東京)でも開催しており、日本人のファシリテーターが日本語で行っております。また、テキストなどもすべて日本語に翻訳されています。 プログラム受講費は979,560円(2018年8月現在)です。この中に認定資格を取得するための試験の費用も含まれています。 資格を取ることがモチベーションになる方、何らかの理由から資格を必要としている方は、ギャラップ社のプログラムを受講することをお勧めします。 詳しくはGallup社までメールにてお問い合わせください。

ギャラップ認定ストレングスコーチ養成プログラムは、ストレングス・ラボの講座を受けないと申し込めないのですか?

ギャラップ認定ストレングスコーチ養成プログラムは、ストレングス・ラボをはじめその他のプログラムを受けたことがあるかないかにかかわらず、どなたでも受講できます。ギャラップのコースとストレングス・ラボのコースの違いについては、こちらをご覧ください。

ギャラップ認定ストレングスコーチの資格を取ると、どんなメリットがありますか?

ご自分の名刺やホームページ、パンフレットなどに資格名を載せることができます。また、ギャラップ社ストレングスセンターの認定コーチ紹介ページに掲載されるため、資格がある方からコーチングを受けたいと思うクライアントの方に対して有効です。