WORK SHOP
for BUSINESS

ストレングス・ラボでは、自社内でストレングスファインダー®を活用して組織力を上げていきたい企業様のために、以下のような様々な研修プログラムをご提供しております。目的や参加される方の特性、人数などに応じて、最適なプログラムにカスタマイズさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

  • ・いずれも、ストレングスファインダー®をお受けいただくところから、サポートさせていただくことができます。
  • ・いずれも参加型のワークショップ形式で、目的や人数に合わせて複数のストレングスコーチがサポートに入るなど、参加者が現場ですぐに活用できる学びを促す工夫がされています。

強みに基づいたチームビルディング

対象
一緒に仕事をするチームメンバー(同じ部門や同じ会社などのチームメンバー。人数によっては社員全員も可能)
内容
ストレングスファインダー®でわかる資質(注1)とは何かを理解した上で、チームメンバ一人ひとりの資質を知り、それを通してメンバー各々が自分自身への理解を深めるとともに、仲間についての理解を深める。各資質の特徴を、解説を通して理解しながら、実際の日常での行動やエピソードが資質と関連していることを知る。それらをディスカッション形式のワークを通して行う中で、自分の“当たり前”が他者の”当たり前“とは大きく異なることを実体験する。その当たり前で自分にとって極簡単なことが、実は他人からみると非常に難しく、ゆえに自分固有の強みとなることを再認識し、同じことが他のメンバーにも言えることを知って、人はそれぞれが固有の強みを有することを知る。
時間
1日(6~7時間)
効果
互いの違いを尊重し活かし合ってシナジー効果を出しやすくする。社内のコミュニケーションがよくなり、協業する能力が高まる。
※ 1ヶ月後に半日のフォローアップセッションを行うことで効果が高まります。

強みを通して部下を理解するマネージャー研修

対象
部下をもつマネージャー10~20人。部下の方々にストレングスファインダー®を受けてもらい、その結果を持参していただく。(部下の方々は参加せず、マネージャーのみ)
内容
ストレングスファインダー®の資質(注1)について、豊富な事例を交えながら理解を深めていく。マネージャーとしてまず自分の資質を知り、自分自身の傾向性や価値基準をよく知ること、次いで自分の資質と異なる部下の資質やその傾向性についても知ることで、一人ひとりとどのように信頼関係を構築していくか、何が部下のモチベーションを上げる/下げるのかを理解する。
時間
半日(3~4時間)、または 1日(6~7時間)
効果
マネージャーが、自分の”当たり前”を部下に押しつけず、自分を活かしつつ部下を育成するポイントが明確になる。
※ 一人ひとりにコーチがつき、個別セッションの時間をプラスすることで、効果が高まります。

女性社員の能力を引き出すストレングス・リーダーシップ研修

対象
女性社員(年齢、ポジション問わず)。人数は、最少人数で10人前後、最大の人数は40~50人。
内容
人それぞれ異なる資質(注1)を持つことを知り、資質が違えばリーダーシップの取り方も違ってくることを理解する。同時に、自分自身に複数の側面があることを知り、理想のリーダー像に囚われることなく、自らが持っている資質を活かした自分らしいリーダーシップスタイルを発見・構築していく。
時間
半日(3~4時間)、または 1日(6~7時間)
効果
自分はリーダーシップが取れないと思っている女性社員が、現場で周囲を活かしながら全体をリードしていける場面が増える。また、優秀すぎて周囲がついていけない女性社員が、周囲と効果的にコミュニケーションをとっていくことができるようになる。

強みで構築するキャリアマネジメント研修

対象
3年目以上の中堅社員。最少人数で10人前後、最大の人数は40~50人。
内容
ストレングスファインダー®の結果を知り、自分の持つ資質(注1)への理解を深めながら、それを手掛かりにしてディスカッションを行うことで、自分の才能を再確認する。会社からキャリアを与えてもらうのではなく、仕事もプライベートも含め自分の人生をどう構築していくのか、自らが主体的に選択できるようになるために、ワークを通して考えていく。
時間
半日(3~4時間)、または 1日(6~7時間)
効果
自分の能力に自信をもって今後のキャリアを自分で考えていけるようになる。

ハイポテンシャル人材の育成プログラム

対象
将来の幹部候補として育てていきたい若手から中堅社員。最少人数で4~5人、最大20人前後。
内容
5ヶ月間、5回にわたるグループコーチングを実施。ストレングスファインダー®の34資質(注1)の結果に基づいて自分を理解し、自分の強みを効果的に使い、弱みをハンドリングしながら、部下育成とマネジメントに必要不可欠な基礎能力を身につける。
時間
1回半日(3~4時間)を、月1回、5回実施
効果
自分の強み/弱みを把握して、効果的に部下を育成し、組織全体の視点と部門として成果を出す視点、部下を育成する視点を併せ持てるようになる。
※ 月1回の集合研修の間に、個別コーチングを入れることでより効果が上がります。

その他

  • ・集合研修ではなくストレングスファインダー®を使った社員の個人コーチングも可能です。
  • ・部署や会社のチームメンバーのストレングスファインダー®の結果から、メンバーの資質(注1)を一人ひとり読み解く「プロファイリング」を行 います。その人がどういうワークスタイルを持っているか、何がその人のモチベーションを上げる/下げるポイントになるか、他者がその人と 関わるときには何に注意をしなくてはならないのか、などについてまとめ、レポートを作成いたします。
  • 注1 ここでいう「資質」とは、ストレングスファインダー®を受けて得られる「強み」の元となる「才能」のクラスター(同性質のものを一緒にしてひとつの塊にしたもの)のことを指します。詳しくは ストレングスファインダー®とは をご参照ください。

CONTACT

任意
必須
 姓
 名
(全角入力)
必須
セイ
メイ
(全角入力)
必須
(半角数字)
必須
(半角@を含むアドレスを入力)
必須