BLOG

応用コースの一覧

上司や部下、チームメンバーや家族のTOP5資質を最大限に活かすキーになるのは“対話”です。
「1人1人TOP5が異なる=“当たり前”が違う=全く異なる価値基準で生きている」ことを思いだし、まず相手を理解することから始めること、ダメなところを指摘する前に出来ているところにフォーカスすること、面談やミーティングはもとより、日常のちょっとした会話でも、相手の能力を引き出すコミュニケーションは可能です。
このコースでは、その対話の構造、資質別の効果的な質問や言葉、承認やフィードバックについて、エクササイズを通して学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

自分のTOP5/TOP10の資質が、上手く活かされ成果につながる時の組み合わせメカニズムを学びます。
何が起爆剤となって、どの資質がどのように使われて効果的な言動が起こるのか。
より良い成果につなげていくために何ができるか。
逆にTOP5/TOP10の資質が、ネガティブに働いてしまう時の組み合わせメカニズム。
何がそれを引き起こすのか。それを避けるためにどんな方法があるのか。
上位資質の組み合わせとその働き方を理解することで、自分トリセツ(自分取り扱い説明書)を作成していきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

上司や部下、同僚や家族1人1人のTOP5資質から、その人の資質の組み合わせメカニズムを学びます。
具体的には、①全体にどんな傾向か、②資質を強みとして最大に活かすとどんな天才なのか、③才能が弱みになってしまうのはどんな時か、TOP5資質のプロファイリング(特徴や傾向性を分析推論すること)を通して、相手の才能を効果的に活かすコツを学びます。
基礎コースで理解した1つ1つの資質が、組み合わせによって立体的になり、「相手の資質をどう強みに活かしていけるか」コツやヒントを学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

上司や部下、チームメンバーや家族のTOP5資質を最大限に活かすキーになるのは“対話”です。
「1人1人TOP5が異なる=“当たり前”が違う=全く異なる価値基準で生きている」ことを思いだし、まず相手を理解することから始めること、ダメなところを指摘する前に出来ているところにフォーカスすること、面談やミーティングはもとより、日常のちょっとした会話でも、相手の能力を引き出すコミュニケーションは可能です。
このコースでは、その対話の構造、資質別の効果的な質問や言葉、承認やフィードバックについて、エクササイズを通して学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

自分のTOP5/TOP10の資質が、上手く活かされ成果につながる時の組み合わせメカニズムを学びます。
何が起爆剤となって、どの資質がどのように使われて効果的な言動が起こるのか。
より良い成果につなげていくために何ができるか。
逆にTOP5/TOP10の資質が、ネガティブに働いてしまう時の組み合わせメカニズム。
何がそれを引き起こすのか。それを避けるためにどんな方法があるのか。
上位資質の組み合わせとその働き方を理解することで、自分トリセツ(自分取り扱い説明書)を作成していきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

上司や部下、同僚や家族1人1人のTOP5資質から、その人の資質の組み合わせメカニズムを学びます。
具体的には、①全体にどんな傾向か、②資質を強みとして最大に活かすとどんな天才なのか、③才能が弱みになってしまうのはどんな時か、TOP5資質のプロファイリング(特徴や傾向性を分析推論すること)を通して、相手の才能を効果的に活かすコツを学びます。
基礎コースで理解した1つ1つの資質が、組み合わせによって立体的になり、「相手の資質をどう強みに活かしていけるか」コツやヒントを学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

上司や部下、チームメンバーや家族のTOP5資質を最大限に活かすキーになるのは“対話”です。
「1人1人TOP5が異なる=“当たり前”が違う=全く異なる価値基準で生きている」ことを思いだし、まず相手を理解することから始めること、ダメなところを指摘する前に出来ているところにフォーカスすること、面談やミーティングはもとより、日常のちょっとした会話でも、相手の能力を引き出すコミュニケーションは可能です。
このコースでは、その対話の構造、資質別の効果的な質問や言葉、承認やフィードバックについて、エクササイズを通して学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

自分のTOP5/TOP10の資質が、上手く活かされ成果につながる時の組み合わせメカニズムを学びます。
何が起爆剤となって、どの資質がどのように使われて効果的な言動が起こるのか。
より良い成果につなげていくために何ができるか。
逆にTOP5/TOP10の資質が、ネガティブに働いてしまう時の組み合わせメカニズム。
何がそれを引き起こすのか。それを避けるためにどんな方法があるのか。
上位資質の組み合わせとその働き方を理解することで、自分トリセツ(自分取り扱い説明書)を作成していきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

上司や部下、同僚や家族1人1人のTOP5資質から、その人の資質の組み合わせメカニズムを学びます。
具体的には、①全体にどんな傾向か、②資質を強みとして最大に活かすとどんな天才なのか、③才能が弱みになってしまうのはどんな時か、TOP5資質のプロファイリング(特徴や傾向性を分析推論すること)を通して、相手の才能を効果的に活かすコツを学びます。
基礎コースで理解した1つ1つの資質が、組み合わせによって立体的になり、「相手の資質をどう強みに活かしていけるか」コツやヒントを学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。

上司や部下、チームメンバーや家族のTOP5資質を最大限に活かすキーになるのは“対話”です。
「1人1人TOP5が異なる=“当たり前”が違う=全く異なる価値基準で生きている」ことを思いだし、まず相手を理解することから始めること、ダメなところを指摘する前に出来ているところにフォーカスすること、面談やミーティングはもとより、日常のちょっとした会話でも、相手の能力を引き出すコミュニケーションは可能です。
このコースでは、その対話の構造、資質別の効果的な質問や言葉、承認やフィードバックについて、エクササイズを通して学んでいきます。

受講の順番について
応用コースⅠ・Ⅱ・Ⅲは、順番通りに受講していただく必要はございません。順不同での受講が可能です。

※2017年6月までに実施された応用コースは、応用コースⅡに該当します。