BLOG

実践コースの一覧

約2ヶ月間の間に、1日の集合研修が3回とオンラインでの研修が2回、合計5回(5日)開催されます。この間に、提出課題などもあります。ストレングスファインダー®を使ったワークショップをする上で欠かせない次のような要素を、確認・整理し、実際に練習し、参加者同士でフィードバックをし合いながら磨いていきます。

・ストレングスファインダー®そのものについての知識と理解(開発背景や変遷、その持つ価値と根拠など)。
・34資質についての知識と理解(4分野の特徴と、34資質の基本的な性質、それぞれの資質と他の資質との違いなど)
・ストレングス・ファシリテーターとしてのあり方と注意点の理解(資質は中立であり、レッテル張りや言い訳のツールではない、Howのための道具であり実現したいことありきの上で活用する、伝え方のコツなど)

Day 1:1日の集合研修
・基本的なストレングス・ワークショップについて知り、自分が目指すワークショップというゴールを設定する
・ストレングスファインダー®の概要について説明できるようになる

Day 2:1日の集合研修
・34資質の理解と説明のための様々な方法を手に入れる
・体験談を引き出して資質と紐づけられるようになる

Day 3:半日のオンライン研修
・Q&A集を用いてストレングスファイダー®に関する知識を整理し、質問に答えられるようになる
・ストレングス・ファシリテーションの際のよくある悩みに関するディスカッション

Day 4:半日のオンライン研修
・テンプレートを使って基本的なワークショップのファシリテーションを行えるようになる
・オリジナルのストレングス・ワークショップについて明確にする

Day 5:オリジナルのストレングス・ワークショップのコンテンツを作る
・オリジナルのストレングス・ワークショップをデザインし、その一部を実際に発表する

職場におけるレジリエンスとストレングスファインダー®

職場や仕事においてストレスを感じる機会は多いと思います。レジリエンスとは、逆境やトラブル、強いストレスに直面した時に適応する精神力と心理的プロセスのことを指し、誰にでも備わっているものです。レジリエンスについて理解し、これを高めることで希望や楽観性が養われ、仕事における生産性を高めることができます。このコースでは、まずストレングスファインダー®による自己理解をベースに、自分がどんな場面でどんな風にストレスを感じ易いのかを理解、自覚していただきます。そして、そのストレスにうまく対処するためのレジリエンスについて理解し、レジリエンスを高めるために有効な方法、特にストレングスファインダー®を活用したより効果的にレジリエンスを高める方法について学んでいただきます。

目的
なぜ人それぞれ感じ方が違うのか、ネガティブな出来事に対してどう自分をコントロールしていくか、自分にある資源は何かといった自己理解を深め、自身が今後実践していくことを考えてもらいます。また、レジリエンスを高めるためにストレングスファインダー®を効果的に使う方法についても考えてもらいます。

カリキュラム内容
・1日(6時間)の集合研修です。下記の項目についてワークを通して学んでいきます。
・レジリエンスとは何か、なぜ必要なのか。
・SPARK問題サイクルとはどのようなものか。
・思い込みのパターンについて知り、自分のパターンを理解する。
・SPARK解決サイクルとネガティブ感情の気晴らしを知り、自分の気晴らしを考える。
・SPARK資源サイクルについて知り、レジリエンスを高める方法を探る。
・過去の体験で自分のストレングスファインダー®がどのように使われていたか振り返る。
・レジリエンスを高めるために自分のストレングスファインダー®をどう活かすか考える。

約2ヶ月間の間に、1日の集合研修が3回とオンラインでの研修が2回、合計5回(5日)開催されます。この間に、提出課題などもあります。ストレングスファインダー®を使ったワークショップをする上で欠かせない次のような要素を、確認・整理し、実際に練習し、参加者同士でフィードバックをし合いながら磨いていきます。

・ストレングスファインダー®そのものについての知識と理解(開発背景や変遷、その持つ価値と根拠など)。
・34資質についての知識と理解(4分野の特徴と、34資質の基本的な性質、それぞれの資質と他の資質との違いなど)
・ストレングス・ファシリテーターとしてのあり方と注意点の理解(資質は中立であり、レッテル張りや言い訳のツールではない、Howのための道具であり実現したいことありきの上で活用する、伝え方のコツなど)

Day 1:1日の集合研修
・基本的なストレングス・ワークショップについて知り、自分が目指すワークショップというゴールを設定する
・ストレングスファインダー®の概要について説明できるようになる

Day 2:1日の集合研修
・34資質の理解と説明のための様々な方法を手に入れる
・体験談を引き出して資質と紐づけられるようになる

Day 3:半日のオンライン研修
・Q&A集を用いてストレングスファイダー®に関する知識を整理し、質問に答えられるようになる
・ストレングス・ファシリテーションの際のよくある悩みに関するディスカッション

Day 4:半日のオンライン研修
・テンプレートを使って基本的なワークショップのファシリテーションを行えるようになる
・オリジナルのストレングス・ワークショップについて明確にする

Day 5:オリジナルのストレングス・ワークショップのコンテンツを作る
・オリジナルのストレングス・ワークショップをデザインし、その一部を実際に発表する