BLOG

実践コースの一覧

約2ヶ月間の間に、1日の集合研修が3回とオンラインでの研修が2回、合計5回(5日)開催されます。この間に、提出課題などもあります。ストレングスファインダー®を使ったワークショップをする上で欠かせない次のような要素を、確認・整理し、実際に練習し、参加者同士でフィードバックをし合いながら磨いていきます。

・ストレングスファインダー®そのものについての知識と理解(開発背景や変遷、その持つ価値と根拠など)。
・34資質についての知識と理解(4分野の特徴と、34資質の基本的な性質、それぞれの資質と他の資質との違いなど)
・ストレングス・ファシリテーターとしてのあり方と注意点の理解(資質は中立であり、レッテル張りや言い訳のツールではない、Howのための道具であり実現したいことありきの上で活用する、伝え方のコツなど)

Day 1:1日の集合研修
・基本的なストレングス・ワークショップについて知り、自分が目指すワークショップというゴールを設定する
・ストレングスファインダー®の概要について説明できるようになる

Day 2:1日の集合研修
・34資質の理解と説明のための様々な方法を手に入れる
・体験談を引き出して資質と紐づけられるようになる

Day 3:半日のオンライン研修
・Q&A集を用いてストレングスファイダー®に関する知識を整理し、質問に答えられるようになる
・ストレングス・ファシリテーションの際のよくある悩みに関するディスカッション

Day 4:半日のオンライン研修
・テンプレートを使って基本的なワークショップのファシリテーションを行えるようになる
・オリジナルのストレングス・ワークショップについて明確にする

Day 5:オリジナルのストレングス・ワークショップのコンテンツを作る
・オリジナルのストレングス・ワークショップをデザインし、その一部を実際に発表する

職場におけるレジリエンスとストレングスファインダー®

職場や仕事においてストレスを感じる機会は多いと思います。レジリエンスとは、逆境やトラブル、強いストレスに直面した時に適応する精神力と心理的プロセスのことを指し、誰にでも備わっているものです。レジリエンスについて理解し、これを高めることで希望や楽観性が養われ、仕事における生産性を高めることができます。このコースでは、まずストレングスファインダー®による自己理解をベースに、自分がどんな場面でどんな風にストレスを感じ易いのかを理解、自覚していただきます。そして、そのストレスにうまく対処するためのレジリエンスについて理解し、レジリエンスを高めるために有効な方法、特にストレングスファインダー®を活用したより効果的にレジリエンスを高める方法について学んでいただきます。

目的
なぜ人それぞれ感じ方が違うのか、ネガティブな出来事に対してどう自分をコントロールしていくか、自分にある資源は何かといった自己理解を深め、自身が今後実践していくことを考えてもらいます。また、レジリエンスを高めるためにストレングスファインダー®を効果的に使う方法についても考えてもらいます。

カリキュラム内容
・1日(6時間)の集合研修です。下記の項目についてワークを通して学んでいきます。
・レジリエンスとは何か、なぜ必要なのか。
・SPARK問題サイクルとはどのようなものか。
・思い込みのパターンについて知り、自分のパターンを理解する。
・SPARK解決サイクルとネガティブ感情の気晴らしを知り、自分の気晴らしを考える。
・SPARK資源サイクルについて知り、レジリエンスを高める方法を探る。
・過去の体験で自分のストレングスファインダー®がどのように使われていたか振り返る。
・レジリエンスを高めるために自分のストレングスファインダー®をどう活かすか考える。

約2ヶ月間の間に、1日の集合研修が3回とオンラインでの研修が2回、合計5回(5日)開催されます。この間に、提出課題などもあります。ストレングスファインダー®を使ったワークショップをする上で欠かせない次のような要素を、確認・整理し、実際に練習し、参加者同士でフィードバックをし合いながら磨いていきます。

・ストレングスファインダー®そのものについての知識と理解(開発背景や変遷、その持つ価値と根拠など)。
・34資質についての知識と理解(4分野の特徴と、34資質の基本的な性質、それぞれの資質と他の資質との違いなど)
・ストレングス・ファシリテーターとしてのあり方と注意点の理解(資質は中立であり、レッテル張りや言い訳のツールではない、Howのための道具であり実現したいことありきの上で活用する、伝え方のコツなど)

Day 1:1日の集合研修
・基本的なストレングス・ワークショップについて知り、自分が目指すワークショップというゴールを設定する
・ストレングスファインダー®の概要について説明できるようになる

Day 2:1日の集合研修
・34資質の理解と説明のための様々な方法を手に入れる
・体験談を引き出して資質と紐づけられるようになる

Day 3:半日のオンライン研修
・Q&A集を用いてストレングスファイダー®に関する知識を整理し、質問に答えられるようになる
・ストレングス・ファシリテーションの際のよくある悩みに関するディスカッション

Day 4:半日のオンライン研修
・テンプレートを使って基本的なワークショップのファシリテーションを行えるようになる
・オリジナルのストレングス・ワークショップについて明確にする

Day 5:オリジナルのストレングス・ワークショップのコンテンツを作る
・オリジナルのストレングス・ワークショップをデザインし、その一部を実際に発表する

資質でわかる! あなたのアンガーマネジメントポイント

怒りで「しまった!」「失敗した」という経験はありませんか?
売り言葉に買い言葉で、怒るつもりはなかったのに、ついカッとなって怒ってしまったり、
逆に、その場では怒れなかったんだけれど、後から考えて「やっぱり言っておけばよかった」と後悔したり・・・。
こんな「怒りに関する後悔」をしなくてすむようになるのが「アンガーマネジメント」。
1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。
これができるようになれば、自分や周囲の「不要な怒り」に振り回されずに済むようになります。
とても簡単で老若男女、どなたでもすぐに始められるもの。 実はこのアンガーマネジメントとストレングスファインダー®には、
非常に密接な関係があります。2016年より日本初のコラボセミナーとして実施し、ご好評いただいているこのオリジナルワークショップ、「怒らなきゃよかった…」の方はもちろん、「怒れない…」という悩みをお持ちの方も、ぜひこの機会に「自分の資質と怒りの関係」を学び、怒りの感情と上手につきあうことができるようになっていただけたら嬉しいです。ご参加をお待ちしています。

カリキュラム内容

・1日(6時間)の集合研修です。下記の項目についてワークを通して学んでいきます。
・アンガーマネジメントとは何か
・そもそも怒りとは何か
・アンガーマネジメントの必要性
・どのようにすればアンガーマネジメントができるか
・怒りとストレングスファインダー®の資質の関係について
・資質によるアンガーマネジメントのポイント
・アンガーマネジメントにストレングスファインダー®をどう活かすか
・アクションプラン

「ストレングスファインダー®とアサーティブ・コミュニケーション」実践コース

自分の思っていることをはっきりと伝えられない。自分のイヤなことをきっぱりと「No」と言えない。
ついつい感情的になり、攻撃的な言い方になってしまう…。こんなことはありませんか?
アサーティブネス(アサーション)の訳は「自己主張」。でもそれは、ただ一方的に自己主張することを
意味しません。自分の気持ちに正直になり、そして相手の気持ちも尊重しながら、対等感をもって率直に伝え
ていくことです。アサーティブに伝えるコツは、客観的な事実と、それに対して湧き出る自分の感情とをきちんと
分けて伝えること。つまり、様々な出来事に対し自分がどう反応し、何を感じているのかを客観視すること。
人によって同じ場面であっても、その出来事に対する感じ方や感情の出方は異なります。
そして、ストレングスファインダー®は、上位資質の組み合わせという形で、
様々な出来事に対しての自分なりの感情の出方のパターンと、なぜそう感じてしまうのかを教えてくれます。
つまり、ストレングスファインダー®を通した深い自己理解は、
「なぜ、ここで言葉を出すことに躊躇してしまうのか?」「なぜ、ついつい感情的になってしまうのか?」
といった疑問に答えを与え、自分を客観視させてくれます。また、同じくストレングスファインダーRを通した
他者理解は、自分とは感じ方の違う他者に対し「なぜ、こうも自分と違うのか?」の答えを与え、
相手に配慮した適切な伝え方を考える“間”を与えてくれます。ストレングスファインダー®を通した自己理解、
他者理解をベースに、スキル、あり方としてのアサーティブ・コミュニケーションを学ぶことで、
日常のコミュニケーションの中でのストレスが大きく低減されます。

カリキュラム内容
・1日(6時間)の集合研修です。下記の項目についてワークを通して学んでいきます。
・アサーティブ・コミュニケーションとは?
・コミュニケーションのとり方(伝え方)の3つのタイプとストレングスファインダー®の資質の影響
・アサーティブ・コミュニケーションを取る上での大切なあり方
・アサーティブ・コミュニケーションにストレングスファインダー®をどう活かすか
・ストレングスファインダー®の資質の組み合わせによる感情の出方のパターン
・ストレングスファインダー®による自己の客観視をベースにしたアサーティブな伝え方
・アサーティブな伝え方の実践(ロールプレイ)

「IKIGAI×Points of You®×ストレングスファインダー®~ひかり輝くHappiness を見つける旅のはじまり~」

■内容説明
人の強み(才能)を見いだし生かす、また上質で充実した人生を覚醒させるツールであり、
人の思考、感情、行動のパターンからモチベーションを高めることができる”ストレングスファインダー®”と、創造力や発想力に刺激を与え、新しい視点を見出すことを促進するツール であり、人間が本来持っている本質的な能力を引き出すことができる ”Points of You®を使って、自分らしい在り方を見つめ、そう在るためのリソースを得て、実際に動き出すためのアクションプランに落とし込みます。
IKIGAI、そしてHappiness!のストラボ・スペシャルバージョンです。
最強ツールのコラボレーションにどうぞご期待ください♪

■目的
テーマは“自己実現”。
未来をクリアにして、目標や生きること、働くことへの意欲やワクワク感を高める。
なにをしたいのか、ブレない自分の本質を見つけて、自分への期待と信頼を高める。
IKIGAI を探求し、自分自身を多様な角度から見つめ、生きる意味や人生の目的を明確にすることを通して、充実や満足といったHappiness 幸福感を高め、自分がほんとうに望む自分らしい未来を生きるためのエッセンスを手に入れることを目指します。

カリキュラム内容
・1日(6時間)の集合研修です。下記の項目についてワークを通して学んでいきます。
・ポインツオブユーとは何か、どのように使えるのか。 
・自分の人生でストレングスファインダー®がこれまでどのように使われていたかを振り返る。
・IKIGAIとはどのようなものか。 
・自分のIKIGAIを探求する。 
・自分が得意とすることとストレングスファインダー®の関連を考える。 
・自己実現のために自分のストレングスファインダー®をどう活かすかを考える。

約2ヶ月間の間に、1日の集合研修が3回とオンラインでの研修が2回、合計5回(5日)開催されます。この間に、提出課題などもあります。ストレングスファインダー®を使ったワークショップをする上で欠かせない次のような要素を、確認・整理し、実際に練習し、参加者同士でフィードバックをし合いながら磨いていきます。

・ストレングスファインダー®そのものについての知識と理解(開発背景や変遷、その持つ価値と根拠など)。
・34資質についての知識と理解(4分野の特徴と、34資質の基本的な性質、それぞれの資質と他の資質との違いなど)
・ストレングス・ファシリテーターとしてのあり方と注意点の理解(資質は中立であり、レッテル張りや言い訳のツールではない、Howのための道具であり実現したいことありきの上で活用する、伝え方のコツなど)

Day 1:1日の集合研修
・基本的なストレングス・ワークショップについて知り、自分が目指すワークショップというゴールを設定する
・ストレングスファインダー®の概要について説明できるようになる

Day 2:1日の集合研修
・34資質の理解と説明のための様々な方法を手に入れる
・体験談を引き出して資質と紐づけられるようになる

Day 3:半日のオンライン研修
・Q&A集を用いてストレングスファイダー®に関する知識を整理し、質問に答えられるようになる
・ストレングス・ファシリテーションの際のよくある悩みに関するディスカッション

Day 4:半日のオンライン研修
・テンプレートを使って基本的なワークショップのファシリテーションを行えるようになる
・オリジナルのストレングス・ワークショップについて明確にする

Day 5:オリジナルのストレングス・ワークショップのコンテンツを作る
・オリジナルのストレングス・ワークショップをデザインし、その一部を実際に発表する